器具を埋め込む

医療におけるインプラントの種類と仕組み

インプラントとは生体医療目的で器具を埋め込むことの総称を言います。具体的には人工歯根やペースメーカー、骨折などの固定に用いるボルトなどがあります。ここでは歯科用インプラント治療における人工歯根について述べますが、インプラントとはチタンなどの生体に安全な金属を顎の骨に入れて、その金属に人口の歯を付ける治療です。インプラントで使用する金属は顎の骨に入れることで骨と金属が同化していくオッセオインテグレーションという現象を利用して治療を行ないます。現在では日本の30歳以上の成人のうち50人に1人〜2人が歯科用インプラント治療を受けています。成功率も約90%であり、安全でメジャーな治療となっていることが分かります。このような動向から今後も治療を受ける人が増えていくことが予測されます。価格的には治療の種類によって異なりますが高額なケースが多いとされます。この高額な価格が解消され保険適用が増えていくことでよりメジャーな治療となっていくと考えられます。

歯科用インプラントのメリットデメリット

歯科用インプラント治療のメリットとしては入れ歯などの義歯と違い、物を食べることや人と話すことなど日常生活の安定性に優れ、メインテナンスも簡単という点です。一方デメリットとしてはインプラント治療の価格と安全性の点である。価格面においては保険がきかないため高額になってしまいます。安全性については顎の骨に金属を入れる治療など本来歯のある位置に金属を入れることになります。それに伴い外科的な治療が必要であり、当然出血などがあります。また顎の骨、特に下の顎には重要な神経があるため、神経に注意せずにその神経を金属が傷つけてしまうと麻痺がおこる可能性があります。しかし、現在では術前のシミュレーションの精度が向上しているため、以前よりはるかに安全性の高い治療となっています。

デンタルインプラントで理想の歯実現【SMILE自信取り戻し】 Design by  W3Layouts